【23卒】インターンシップに参加するメリットとは

最近のニュースで、インターンシップが今後より採用に直結しうる位置付けとなりそうであるという報道がありました。事実上既にそうなっている会社もありますが、まだ実は表向きにはインターンシップは採用に直結させてはいけないものという位置付けではあります。さて、そんなインターンシップですが、毎年毎年行う企業も増え、参加する学生も増え、昨今ではインターンシップに一度も参加せずに就職活動を始める学生の方が少数派な世の中となりました。インターンシップに参加した方が良いか?は当然「YES」なのですが、なぜ参加した方が良いのか、どんなメリットがあるのかについていち人事として述べていきたいと思います。

そもそも、インターンシップって何??

 就職活動の時期になると、先輩からインターンシップの話を聞いたり、周りでも実際にインターンに参加したりしている人を目にしたり、そんなことが多くなってきているのではないでしょうか?

インターンシップとは、端的に言うと、なんらかの特定の仕事の経験を積むために、企業においてその仕事に従事することをいいます。

日本では就職活動に先立っての“プレ”就職活動的な位置づけにもなり、自分が興味のある業界や業務について実際に経験をすることでギャップを減らし、就職後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

インターンシップっていろいろあるよね?

確かに、一言にインターンシップと言っても実は様々なインターンシップがあります。
大きくわけるとインターンシップは以下の3つに分けられると考えます

1DAYインターンシップ

 1日で完結型するもので、主に、企業側の会社説明に加え、短時間で完結する、グループディスカッションや先輩社員との座談会、オフィス見学等々がよくあるスタイルです。インターンシップと言う名前ですが、事実上、“イベント”のようなもので、就活広報解禁となる、3月前後にきわめて開催が多くなるものです。興味のある業界について一番簡単に知れる方法でもあり、比較的開催回次も複数あり、多くの学生が参加できるように組まれており、気軽に参加できるのが良い点です。(もちろん、その分応募者も多いですが。)

短期インターンシップ

 数日~数週間に及ぶインターンシップで、スタイルは多岐にわたります。プロジェクト的に参加者同士でチームを組みなんらかのテーマに取り組み、最終日に社員に向けてプレゼンを行うスタイルや、数週間であれば、実際の職場に入り込み社員から指示をうけ、仕事を教えてもらいながら特定のテーマに取り組むスタイル等、様々です。会社によっては関係者が張り付いてみなさんを見ているケースがほとんどで、“裏で”評価されていることは間違いありません。

中~長期インターンシップ

 数か月~年単位に及ぶインターンシップ。このスタイルになると、ほとんどが業務体験型で、実際に会社で行われている業務にアルバイトのような形で参加することが出来ます。気軽に複数の会社で行うというわけにもいかないため、自分の目的・達成したいことをしっかりと明確にしたうえで参加を進める必要があります。

 一定期間週○日は勤務等が中・長期に渡り発生するので、サークル活動、ゼミや授業へ与える影響も大きくなり、メリットに対してのデメリットも大きいものと考えます。中・長期のインターンシップともなるとその後の選考に裏で繋がっている可能性は極めて大きくなります。

インターンシップに参加するメリットって?

業界、企業の研究に役に立つ

やはり一番のメリットは社員の人との対話や、インターンシップ生同士でのディスカッション等々を通して、その業界・企業に対しての新たな知見を得ることができることです。
また、知ること・体験することを通して、自分の”好き・嫌い”や”やり甲斐”をその業界・企業で見つけられそうかということにもつながるのでその観点でも非常に重要です。

実際の会社の中の人がどんな思い・やりがいを持って働いているのか、なかなか聞く機会もないため、インターンシップはまたとない機会となります。

職種理解(具体的な業務理解)の助けとなる

業界、企業の研究も重要と考えますが、同じくらい重要なのは”職種理解”と考えます。
技術系職であれば、研究開発と設計開発、品質保証、システムエンジニア、プログラマー等
事務系職であれば、営業、企画、経理・財務、人事総務、資材調達等々
さまざまです。個人的には、実際に仕事をする上では、業界・企業以上に”職種理解”の方が重要ですし、大切と考えます。
企業によっては職種間のローテーションが存在するところもありますが、やはり、通常は”職種”で軸を通してキャリアを積んで行く人が多いと感じます。

業界は後から転職で変えることができますが、職種を変えることは非常に難しいと言わざるを得ません。そのため、職種理解を事前にすることが出来ればそれは大変な助けになると考えます。

本選考の際の助けとなる

実際にその企業の雰囲気や現場を知ることは、より具体的に志望動機を語れるようになることにも繋がります。その企業のインターンシップ通して何を得て、何を感じたのか、そして、何故その企業で働きたいと思うのかを、インターンシップに参加したからこその話をすることが出来ます。

人事担当者にとっても、“インターンにも参加してくれている”というのは、一定の志望動機をもって選考に来てくれている、会社の中のことをしっかりとある程度見た上で志望してくれているのでミスマッチも少ないのではないか、という安心感にも繋がります。

なんで会社はインターンシップを開催するの?

PRとして

会社の認知度向上のため。学生に会社のことを知ってもらって、会社のファンを増やそう!という活動です。興味を持ってもらえれば、本選考にも来てもらって入社してもらえるかもしれないし、縁がなかったとしても、会社のファンにさえなってもらえたら、将来的なお客さんとなってもらうことが出来たり、ビジネスのパートナーとなってもらえたり…とするかもしれない、という草の根的な活動での位置付けです。

採用活動として

優秀な学生に早期に接触し、会社へ引き込みたい。ということで、採用活動の一環としてインターンシップを開催している会社も多数あります。インターンシップでは、皆さんが会社を見る・知る機会でもありますが、一方で会社から見られているという理解も踏まえて参加しましょう。

会社としてインターンシップを通して学生のことを評価するのは、面接での見極め以上に正確に出来ますし、面接では見極めし辛い”社会人としての基礎力”や理系であれば”スキル・技術力”なども測ることが出来ます。そのため企業側観点でインターンシップを通して学生を見極めることは非常に貴重な機会ともなっています。

職場の活性化として

学生視点での皆さんのフレッシュな意見というのは職場にとっては時として新鮮で、非常に貴重なものとなります。みなさんが職場に入ることで、その職場の活性化や、職場の若手社員の社会人としての意識向上等にも繋がります。

社会貢献として

学校教育の支援という形で、文部科学省等からもインターンシップの推進がされています。学習と社会での経験を結ぶことで、将来のキャリア・人生設計について考える機会、学習意欲の向上が意図となります。

さいごに 

インターンシップは今となっては就職活動において参加不可欠のイベントの一つとなります。
状況が許すのであればインターンシップには参加しない理由はありません。
業界、企業、職種 etc.様々なことを知る事が出来ますし、他の就活生・企業の人と接することでの自身の成長にも繋がります、そして、企業の人にいい意味で目をつけてもらえたら、その後の就職活動で有利になる可能性も高まります。

関連記事

アンテナの高い人は感じているかもしれませんが、昨今の企業における新卒採用活動は今までの一括採用スタイル(大量に応募者を集めてふるいにかけ大量に落とし、残った人材を採用する)から、個別採用スタイル(自社に合う人材をピンポイントに狙って取ってい[…]

おまけ(PR)

インターンシップ丸わかりBOOKプレゼン中【キャリタス就活2023】