転職|「年収が下がるため」は内定辞退理由になる?辞退してもよい?

転職活動、面接の中でまたは最後の内定のタイミングで、転職検討先の処遇条件が明らかになったタイミング。年収が思っている以上に下がる、正直受け入れ難い。「年収が下がるため」を辞退理由にしても良いのか?と思う方もいるのではないでしょうか。ここでは、その疑問にいち人事としてお答えしたいと思います。

「年収が下がる」転職になる可能性は?割合は?

2019 年(令和元年)雇用動向調査結果によると、

令和元年1年間の転職入職者の賃金変動状況をみると、前職の賃金に比べ「増加」した割合は34.2%、 「減少」した割合は 35.9%、「変わらない」の割合は 27.9%となっている。「増加」のうち「1割 以上の増加」は 22.7%、「減少」のうち「1割以上の減少」は 27.6%となっている。

とのことですので、3人に1人は賃金が上昇していることとなりますが、一方で3人に1人強の人は賃金が減少していることともなりますので、どちらもケースとして珍しいわけではありません。

現職よりも低い年収をオファーされる可能性は十分にあります。

「年収が下がるため」は辞退理由になるのか?

当然、なります。

そして、現職と比べて年収が下がるオファーをする企業側も、もちろん「年収減」が理由で辞退される可能性があることは十分に理解をしていますし、想定もしています。企業側として、求職者の転職理由の”ホンネ”を知ることはなかなか難しいですが、転職活動では、年収アップを目的のひとつとして活動をしている人も多いでしょう。

むしろ、いち人事的には、年収・給与が下がるオファーをしたにもかかわらず、自社への入社を決めてくれた人には多大なる感謝の念すら抱きます。

ただ、「年収が下がるため」が辞退理由になるのは勿体無い

基本的に、最終的な処遇面のオファー詳細がわかるのは合格後になると考えます。それまでは、書類選考、1次面接、なり2次面接…最終面接と基本的には選考の段階は、まだ企業側が”あなた”を見定めている段階となります。(もちろん、”あなた”も企業を見定めている段階でもありますが。)

そして、最終的に合格となった際に、企業側も、

企業
是非○○さんには弊社にお越しいただきたいと考えております。ついては、~略~この条件で来てもらえないでしょうか。詳細は改めて説明させてください。

となるかと考えます。しかし、この段階に至るまでに双方(企業側と”あなた”)が使っている労力は非常に大きいです。
・企業側であれば日程の調整に、オファー内容の検討、社内調整等々
・”あなた”としても面接の準備、ある程度の企業研究、面接のための時間捻出・調整等々

それが最後の最後で「年収が下がるから辞退」というのはとても勿体無いです。

「年収が下がるため」が辞退理由にならないようにするために

この「年収が下がる」から辞退するという考えに至ってしまう方については、そもそも、年収が同等ないし上がる転職を意識することが必要です。そうでなければ、前述の通り、転職活動に無駄な時間と労力を費やしてしまうことになります。ただ、実際のところ入社に差し当たっての詳細な条件は合格・内定の段階になるまではわからないことが多いのも事実です。そのため、現在よりも低い年収を提示されないようにするためある程度できることを段取ることが必要となります。

「年収が下がる」が確定する前に出来る対処をしましょう。

面接段階での希望年収で不要な遠慮をしない

履歴書で処遇について「貴社の規定に従います」と書いている人も多いのではないでしょうか。希望年収を履歴書に書く必要は実はない、という話は一旦さておき。

面接の中で、希望年収を聞かれるタイミングがあるかと思います。ここで、

あなた
現職の年収は記載させて頂いている通りとなります。出来れば、現職と同程度の年収を希望しますが、御社の規定に従います。給与面ではなく、やはり、携われる仕事の内容を大切にしたいと考えております。

と、前職と同程度を伝えるということは出来ます。

給与・年収交渉をする

これは絶対に、直接”会話”で交渉をすることがおすすめです。メールは避けるのがよいです。また、給与・年収交渉をするタイミングは内定後・入社承諾する前のこのタイミングが唯一です。

交渉方法案① 家族の理解を引き合いにだす。

あなた
家族とも相談させて頂いたのですが、やはり今の年収から下がるとなると生活面含め厳しいこともあり、私自身もやや不安があり説得が難しい状況です。是非、御社に入社して御社への貢献はもちろん、自身の新しいチャレンジもしていきたいところではありますが、ご提示いただいた処遇についてご再考頂けませんでしょうか。

交渉方法案② 現職に留まったらの見込みを引き合いに出す。

あなた
大変不躾な話で恐縮ですが…。ちょうど現職ではこの1年高い成果を残せていることもあり、上司からは今年度の評価は高いものになり来年度の昇給は○○万円になることが伝えられています。御社であればよりやりがいのある仕事に携わることができる為、是非と考えているのですが、一方で生活面もあり、もう少し御検討いただくことは出来ませんでしょうか。

交渉方法案③ 他社オファーを引き合いに出す。

あなた
面接でも申し上げさせて頂いた通り、御社を第一志望と強く考えています。しかし、、ちょうど他社様からもオファーを頂戴しており、業務の内容では御社と強く感じているのですが、大変失礼な話で申し訳ありませんが、処遇の面では他社様がやや給与・手当が良く…正直、悩んでいる部分もございます。不躾な話ではありますが、入社時の給与・手当につきご検討頂ける余地はございませんでしょうか。何卒よろしくお願いいたします。

いずれにしても、受け取る側(企業側)によっては難色をしめす可能性もありますし、印象が悪くなる可能性も否めません。そういった意味では、出来れば第三者(転職エージェント経由)での交渉が本来は望ましいと考えますが、もし直接応募であった場合は、かならず対面で伝えることを心がけると良いと考えます。

「年収が上がる」転職をめざすために

「年収が下がらない」転職をするにはエージェントがおすすめ

なかなか自分では年収交渉がし辛いかと思います。その際は転職エージェントを使うのがおすすめです。特に年収設定に関しては、企業は色々加味しながら設定しています、それは前述のパターン①②③④で述べた通りですが、どれか一つだけではなくて、複合的に判断していることもあります。

よくあるエージェントとのやりとり

転職エージェント

○○さん、うち経由でB社さんからはXXX万円くらいのオファーがあったみたいですね。御社はどれくらいになりますかね?

企業

うーん…うちはそこまで出せないなぁ…仕事面でのやりがいをお伝えできれば…
or
なるほど、であればうちも同等以上の設定を検討してみます。

等々あり得ます。

転職エージェント
△△さん、この経験・このスキルからすると、現職(前職)も比較的給与高いですが、やっぱり希望額以上のオファーをしないと内定を受けてもらえないと思うんですよ。他社さんもそれくらいは払うと思います。
企業
そうですか。とは言ってもうちも給与制度はあるので、、出来る範囲でどこまで良い処遇が提示できるか内部でも検討してみます。確かに、中途半端な提示をして他社に逃げられてしまうくらいなら、出来うる最大のオファーをしたいですね。それで辞退されるであれば、やむなしです。

エージェントさんによって表現は変わってきますね。

優しく教えてくれるエージェントさんもいれば、ぐいぐいより良い処遇を引き出そうとしてくるエージェントさんもいればです。(まぁ、年収提示があれば僅かであってもエージェントの取り分(人材紹介料)にも影響はなくはないですしね?。)

年収アップにおすすめの転職エージェント

【リクルートエージェント】
業界最大級の求人案件数を誇っております。転職活動の際にエージェントを複数活用するのであればその1社は間違いなくリクルートエージェントにするべきです。(私の会社でも活用しており、担当者・アドバイザーの方の”良さ”は十分にわかっており非常におすすめです。)

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】
謳い文句の通り、非常に親身で丁寧なサポートをしてくださるエージェントです。(こちらも私の会社でも活用しております。企業担当の方も非常に丁寧です。)

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!
20代の若手でしたらマイナビもおすすめです。私自身は中途採用では関わったことはありませんが、新卒採用でのノウハウもあり、若手向けにはおすすめ出来ると考えます。

関連記事

転職、新卒時の就職活動とはまた異なる点も多く、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特に、初めての転職ともなると一体どのように転職をすすめたらいいのかさっぱりということもあるのではないでしょうか?転職サイトを使うのが良いのか、転職エージェ[…]

それでも「年収が下がる」場合の辞退の伝え方は?

辞退の際は、実は特別理由を言う必要はありません。ただ、転職エージェント経由で応募しているのであればそれも含めて辞退理由として伝えてしまってさしつかえないでしょう。もちろん、直接応募の場合も辞退理由に「年収が下がる」をお伝えいただいても構いません。

ストレートに理由を伝える

・・・(略)・・・
この度は、内定のご連絡誠にありがとうございました。嬉しいお知らせを頂きながら、 大変申し訳ないのですが、熟考に熟考を重ねたのですが、内定を辞退させて頂きたく、連絡をさせて頂きました。御社の仕事は非常に魅力的な内容で後ろ髪を引かれる思いではありますが、給与の面も含めて総合的に勘案し、恐縮ながら辞退の決意をいたしました。
・・・(略)・・・

便利な言葉「家族が…」

・・・(略)・・・
この度は、内定のご連絡誠にありがとうございました。嬉しいお知らせを頂きながら、 大変申し訳ないのですが、熟考に熟考を重ねたのですが、内定を辞退させて頂きたく、連絡を致しました。家族とも相談させて頂いたのですが、やはり、転職に伴い生活環境が大きく変わること、また、給与・手当の面でも不安が残りました。
・・・(略)

さいごに

年収が下がる、給与が下がる、いざその場面に出くわすと色々と頭をよぎるかもしれません。本当に転職しても良いのか、下がるかもと思ってはいたがまさかこんなに下がるとは…、同じくらいはもらえると期待していたが…等々。そして、「年収が下がるため」は内定辞退の理由にしても良いのだろうか?です。こちらでも紹介した通り、即座に辞退をするのではなく、まずは、”交渉”をダメ元でしてみるのが良いと考えます。どうせ辞退をするのならその結果を知ってからでも遅くはありません。

関連記事

転職をする際はいろいろな心配事がつきまとうことと思います。そんな数多の心配事の一つに言い方は色々ですが”年収””賃金””収入””給与”もあるでしょう。そもそも転職前のタイミングで年収が下がってでも転職すべきか悩んでいる人、現在、労働条件のオ[…]

関連記事

転職、新卒時の就職活動とはまた異なる点も多く、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特に、初めての転職ともなると一体どのように転職をすすめたらいいのかさっぱりということもあるのではないでしょうか?転職サイトを使うのが良いのか、転職エージェ[…]