【転職】面接での不合格フラグは嘘?ホント?フラグを人事的に折ってみる

面接が終わって一息、上手くいったな、上手くいかなかったなと色々な感触が得られているかと思います。面接時間短かった…間違いなくこれ不合格フラグだな、と感じた方もいらっしゃるかもしれません。不合格フラグは色々ありますが、人事としてそのフラグ折るため、必ずしもそうではないですよ!という中の逆説的な視点を持ち出したいと思います。合否は結果が出るまではまだわかりません!

面接官の反応がそっけない

 面接官の雰囲気が前面に出ているものと思います。人事としても面接前後に面接官と話をしている時に「あ、この面接官の方ちょっと怖いかも、不機嫌そう?なんかそっけないな。」と思ってしまうことがあります。ただ、それはあくまで“そんな気がするというだけ”で、その人自身にはそんな気がないということも多くあります。反応のそっけなさもそうで、悪気はないもののきっとその面接官は普段から仕事等においても反応が薄い(そっけない)のだと考えます。

面接時間が短い

 人事として面接官にはしっかりと時間を使って面接を行う様指導しているため、本来このようなことがあってはいけないのですが。確かに早く面接が終わってしまうことはあります。
その理由は二つです。両極端ですが、箸にも棒にもかからずで残念ながら…というケースか、短時間で合格判断が出来るだけの材料が集まったからのどちらかです。ただ、言うなれば不合格とする人ほど丁寧な心持でみてくださいとすら伝えます。早く面接が終わったので恐る恐る面接官に結果を聞いてみると「合格です。非常に良い人でした。」なんて場面には良く遭遇します。必ずしも、面接時間の長さでは判断できません。そこに関してはいったん安心して頂いて大丈夫です。

質問に対する面接官の回答が丁寧ではない

 自らが質問を投げかけた際に、面接官の回答がぶっきらぼうだったり、あまりに端的すぎたりすると不安ですよね。前述の面接官の反応がそっけないと同様ですが、私の会社においても残念ながら丁寧でない面接官もおります。質問に対して、相手に伝わらない不親切な回答をするような面接官は面接官に向いていないのだと思いますが、まだまだそういう面接官も存在しています。もし「不合格とする応募者だから丁寧である必要がない」なんて思っているとするとその社員には面接官はさせたくないです。皆さんにとって、これは最早合否の問題ではなく、この様な面接官のいる会社に行きたいですか?その面接官と一緒に働きたいと思いますか?という方が大きいテーマだと考えます。

アピールした内容を面接官に否定、論破される

 これは受け取り手によるという面もありますが、自己PRや志望動機等の内容に関して面接官から否定をされたり、論破されたりすると失敗したな…しっかりと答えられなかったなと後悔が残るかもしれません。面接官として、否定・論破をしたいと思ってしているわけではなく、異なる意見をぶつけてその反応や回答を見ているということです。自身として自分の言葉で意見を述べられていれば大きな矛盾が無い限りはそこまで心配する必要はありません。

面接官がメモをとっていない

 よくあります。面接では話をすることに集中したいという理由で面接中にメモはあまりとらない、というスタンスの面接官もいます。そのため、ほとんどメモを取っていない面接調書を元に「合格」と面接官から言われたケースは人事としては数知れず、です。そのため本件は過度に心配する必要はありません。面接官によっては本当に白紙だったりします(後からしっかり書いてもらっていますが)。面接のメモ自体は合格であっても不合格であっても必要となってくるので、面接が終わった後に書く面接官も多いのです。繰り返しになりますが、面接の最中にメモをとっていないことを心配しすぎる必要はありません。

面接官から「最後にアピールすることはありませんか?」と聞かれる

 これを言われると確かに面接内での自分のアピールが足りなかったのでは!?と思ってしまうかもしれません。他にも「最後に言い残したことはありますか?」「最後に補足、伝えておきたいことはありますか?」等どれも最後の締め括りとして投掛けられることがあります。これは一種の面接におけるお約束ごとの様な位置づけで聞かれているケースも多いです。合格にせよ不合格にせよ応募者の方に言い残したことが無いように、という意図も含まれていますが、聞かれる側からするとあまりそのありがたみは感じませんね…。この様な質問を受けたら心配しすぎず、改めて熱意を簡潔に伝えて頂ければ問題ありません。

面接後の見送りが丁寧でない

 エレベーターまで見送りがされることを「エレ送」なんて言われていたりするようですが、見送りが丁寧かどうかは合否にはほぼ関係ありません。ご安心してください。同じ企業であっても見送ってくれる時と見送ってくれない時があるかと思います。見送る、見送らないは完全のその時の状況次第です。私個人としては見送りをするよう心掛けてはいますが、合否が見送りの丁寧さに影響していることは一切ありません。

趣味の話など、仕事に関係ない雑談が多い

 面接官によっては一見仕事に関係無いと思える話から人となりを判断したりしているケースもあります。そうでない場合(ただの雑談である場合)は、“実質的な面接時間が短い”という点で、前述の「面接時間が短い」という不合格フラグと重なる部分があります。面接官として早いタイミングで合否の判断ができ、「このまま終わるのも早すぎるかな?」という際は履歴書の趣味などにフォーカスをあてて話を続けるケースがあります。時間稼ぎの様な側面もありますが、しっかりと時間をつかって皆さんのことを知ろうとしていることに変わりはないので、最後までしっかりお話をして頂けていれば問題ありません。

まとめ

 フラグで一喜一憂していても仕方がないということですね。確かに、合格フラグと同様に“傾向”はあるかもしれません。ただ、どこまでいっても傾向でしかないため自分の場合どうだったのかは知る由は基本ありません。別の側面から見て、この不合格フラグで感じるような、面接官がそっけない、自分からの質問に対する回答が丁寧でない等といった部分については、果たして自分がそう感じた会社に行きたいとそれでも思えるか、というところも考えてみて頂けたらと思います。面接は会社が皆さんを評価する一方で、皆さんが会社を評価する場でもあります。