就活|集団・グループ面接、全員落ちる・全員通過はありうる!?

集団・グループ面接、大手の企業の多くで取り入れられている選考スタイルのひとつではあります。しかし、なまじ他の候補者と面接官のやりとりも否が応でも耳に入ってきてしまうため、他の人の合否含め何かと気になってしまうのもリアルではないでしょうか。自分よりも他者の方がすごかった…もしかして複数名のうち1名しか通過しない?自分には合格のめはない?…。自分は他者と比べて一番しっかりと受け答えが出来ていた、受け答えの内容も優れていたはず…もしかして…全員不合格もありうる?という疑問についていち人事としての見解をご紹介します。

関連記事

アンテナの高い人は感じているかもしれませんが、昨今の企業における新卒採用活動は今までの一括採用スタイル(大量に応募者を集めてふるいにかけ大量に落とし、残った人材を採用する)から、個別採用スタイル(自社に合う人材をピンポイントに狙って取ってい[…]

目次

まず初めに、集団・グループ面接とは

集団面接は…企業の採用活動における候補者の選考方法の一つとなります。候補者の数は”集団”面接ですので、最低でも2名以上となります。多いと5、6名というケースもありますが、大体3~4名程度が適切な人数と考えられます。なお、面接官側の人数については1名~複数名と、こちらは最小1名からがあります。

※主に新卒採用において用いられることが多いですが、中途・経験者採用の場面において遭遇することは多くないと考えられます。

集団・グループ面接の人数について

これは候補者の集まり具合と日程調整等の兼ね合いから最終的に”あなた”が参加する集団面接の候補者人数は決定されます。そのため、最小2人~最大○人(企業の設定する最大数)までの幅がありえるものとなります。

集団・グループ面接と個人面接の違いは?

基本的に個人面接と集団・グループ面接は同じであり、違いは多くはありません。あげるとすると主に以下2点となります。

その① 他の応募者の発言中の姿勢も見られている

顕著に異なる点はこちらです。個人面接の場面とは異なり、集団・グループ面接では、他の候補者の発言中の”あなた”の”姿勢”も評価されています。”傾聴”をしている姿勢を問われていますし、また、場合によっては他の参加者の発言をしっかり聞いているか、”あなた”なりに内容を聞いて考えているかも問われる場合があります。面接官から「先ほどのAさんから~~~といったお話がありましたが、”あなた”はどう思われましたか?もし、”あなた”だったらどのようにしますか?」等の質問が投げかかけられることもあります。

他の人が話している最中にはしっかりとその人の話に耳を傾け、自分なりにその内容を咀嚼するということは極めて重要です。

その② ひとりあたりの時間の制約が強い

後述する企業の集団・グループ面接を行う意図からすると、面接時間を一人当たりに割り戻すとその時間は極めて短いケースが多いことが推測されます。30~50分の面接枠に対して、応募者が4名であった場合、一人当たりの時間は大体10分前後になる、ということです。通常の個人面接であればやはり一人あたり20~30分程度は話せると考えるとその差は歴然です。

この”ひとりあたりの時間の制約が強い”ということから様々なことが言えます。例えば、しっかりと簡潔に話をまとめて述べる必要がある、逆に言うと一人でくどくど長く話すことは減点につながる等があげられます。

集団・グループ面接をする企業の目的は?

集団・グループ面接は、

・本来であれば個人面接にしたいところ、応募者が多い中出来るだけ多くの候補者と会いたい・話がしたい。
・書類だけで落とすのは忍びない、もしかしたら良い候補者もいるかもしれないから、少しでも多くの人に会って話したい。

等々の思いから設けられているのではないかと考えられます。この思いを達成するために、行われるのが、「効率的に選考を行うことが出来る集団・グループ面接」となるわけです。

さて、個人面接が出来るそのキャパシティというのはある程度企業のそのマンパワーや採用にさける労力から決まっています。そのため、個人面接が出来る人数まで”絞る”ことも目的の一つとしてあると考えられます。つまり、集団・グループ面接はより多くの候補者に会う・話すための面接である一方、落とすための面接とも言えます。

落とすための面接…ということは候補者が企業における最低限の基準を満たしているかどうかを短時間で端的に判断するということになります。

参考例:

例えば1000人のエントリーに対して、企業がどのように採用選考を行うのか?ということになります。

①1000人の書類選考を行い、1次選考(個人面接)に200人、2次選考(個人面接)に100人、最終選考(個人面接)に50人、そして最終的に25人に合格を出す。

②1000人の書類選考を行い、1次選考(集団・グループ面接)に500人、2次選考(個人面接)に100人、最終選考(個人面接)に50人、そして最終的に25人に合格を出す。

採用選考プロセスの設計は企業によって様々ということです。前者と後者の違いは結果は同じであれ、書類選考の通過率が全く異なるのと、同時に1次選考の通過率も大きく異なることとなります。

集団・グループ面接の企業側のメリット・デメリットとは?

集団・グループ面接のことをより良く知る・準備をするためには、企業側のメリット・デメリットも知っておくことも大切ですので、こちらの通りご紹介いたします。

企業側のメリットとは

応募者間の相互比較(相対評価)が出来る

面接は”絶対評価”である一方で”相対評価”の側面もあります。なぜなら、企業が合格を出せる枠は限られているためです。合格ラインを超えていれば全員に合格を出せるわけではありません。そのため、そんな時に必要なのが”相対評価”です。つまり、「AさんもBさんもどちらも良かったけど、AさんよりBさんが良かったからBさんに合格を出そう」という比較をした上での判断が極めてしやすいのが集団・グループ面接となります。

候補者(”あなた”)からしても非常にわかりやすいでしょう。候補者同士が比較されているのです。

採用選考にかける時間を短縮することが出来る

これは極めて企業都合であり、候補者にとっては関係がないことですが、企業からすると採用活動を効率的にすすめられるということもあります。逆に言うなれば、効率的に採用選考を行うために集団・グループ面接を取り入れていると言うことになります。集団・グループ面接を取り入れる企業は主に応募者が多い人気企業と考えられます。

そのため、多くの候補者の採用選考を行うために一度に複数名の面接をこなすことで企業は採用活動の効率化をおこなっています。

候補者が多いほど面接調整(開催)がしやすい

これも採用選考の効率化と近しいですが、個人面接の場合は複数名を同時に面接するため、応募者の”欠席”に対応しやすいということもあげられます。個人面接の場合は応募者1名が欠席すればそれまでですが、集団・グループ面接であれば4人のところ3人になってしまっても面接は実施できる。ということになります。

企業側のデメリットとは

候補者一人一人と深く向き合いづらい

まず第一にあげられることは、時間的な制限が多く、また他の候補者も同席していることもあり、深い話まですることができないということがあげられます。しかしながら、これは効率化とのトレードオフの関係にあると考えられるため、集団・グループ面接を取り入れている企業としてはやむをえないこととして受け止めているデメリットとなります。

時間コントロールの難しさ

第二にあげられるのは、時間コントロールの難しさです。限られた時間の中で複数の候補者を面接する必要があります。特定の候補者に集中的に質問をするわけにはいかないですし、特定の候補者があまりに回答が長いと質問数を減らして時間内に収めたり、他の候補者に発言機会を意識的に多くしたりと、面接官としての技量が求められます。

候補者の不平不満が生じやすい

これは採用担当者として頭を悩ませるデメリットのひとつです。候補者からの捉え方次第や面接官の技量次第によって不平不満が生じやすいということがあげられます。不平不満の元になる要素が数多く存在しています。特定の候補者に質問数が多かった・少なかった、それぞれ異なる質問を投げかけられた、等々です。

集団・グループ面接の候補者側のメリット・デメリットとは?

企業側のメリット・デメリットと相対する部分も多いですが、以下の通りとなります。

候補者側のメリット

準備・対策次第で選考通過(合格)を手にすることが比較的容易に可能

そもそもの集団・グループ面接の目的自体が、候補者(”あなた”)にとってメリットとなりえます。なぜなら、集団・グループ面接は「必要最低限の要件を見極める場」だからです。必要最低限を満たせる準備・対策をして臨めば良いこととなり、そして、それをすることは比較的容易と考えられるためです。

集団・グループ面接はひとりあたりの時間が短いことが多いと考えられます。その一人当たりにかけられる時間は10分前後であることが多いと考えられます。

10分前後…限られた時間での面接は、当然、その質問数も限られます。そうなると、イレギュラーな質問を除き、ほとんどが、想定される質問に対する事前回答を準備しておくだけで乗り切ることが出来る可能性が高いこととなります。また、1問1答形式になりがちなケースも多く、深掘りの質問が為されないこともあるため、なおさら準備次第ということになってきます。

・自己紹介をしてください。
・学生時代に力を入れて取り組んだことを教えてください。
・志望動機を教えてください。
・自己PRを教えてください。
・あなたの強み・弱みはなんですか?
・他社の選考状況を教えてください。
etc.

これらの質問がひとつずつ投げかけられ、答えるるだけであっという間に10分が終了となります。

候補者側のデメリット

他者との比較の中で評価が決定される可能性

同時並行して他の参加者と比べられていることとなりますので、もし”あなた”が準備不足で面接に臨んでいた場合、その差は如実に現れてくることとなります。(※集団・グループ面接であっても”絶対評価”をしている企業ももちろなりますが、その際はこの限りではありません。)

もし、面接官が複数いれば、面接終了後に…

「Aさんは明らかに準備不足だったね、それに比べてBさんはしっかりと話す内容を準備していたのか非常に受け答えも流暢で話もわかりやすかった。」
「Bさんは他の人が発言している間下を俯いて全然他の人の話を聞いていなかったね…それに比べて、Cさんは他の人が話している最中はしっかりをその人の方に気持ち身体・顔を向けて時々は頷いて傾聴していたね。」
「Cさんは準備は全部”暗記”してきたかのような受け答えだったなぁ…わるいわけじゃないが、もっと”自分の言葉”で話して欲しかったかな。Aさんは拙いながらも自分の言葉でしっかりとはなしてくれていたな。」

等々と何かと比較されて評価をされます。

時間が限られているため、失敗がゆるされない・挽回がしづらい

30分なり、40分なりの個人面接の場合は、基本的にはその面接時間を通して総合的に評価がされます。最初はもたついたとしても、後から持ち直してしっかりと対応することが出来た、なんて挽回することも出来ますし、話をお互いが深くすることが出来るので候補者(”あなた”)のことをしっかりと知ってもらう事ができます。しかしながら、集団・グループ面接の場合はこれができません。限られた時間での限られた質問にに対する受け答えが全てとなるため、失敗が許されないものとなり、挽回のチャンスもないのがデメリットとなります。

※「面接は最初の5分・10分で決まる」なんて話もありますが。確かにその様な一面もありますが、最初の5分・10分だけで本当に合否を決定しているわけではありません。

集団・グループ面接、全員不合格・全員合格はありうる!?

そもそも、採用選考の合否の基本的な考え方は?

しっかりした企業になればなるほど、採用選考プロセスもしっかりを整備されています。そこには、評価項目及びその評価基準も定義されています。それらを面接を通じて判定し、最終的な合否を決定することになります。エントリーシートも面接も、企業側が”あなた”のことを知る・評価するために行われているものです。”あなた”が自社の人材要件を満たしているかどうか、自社にマッチするかどうか、を判断するために行われています。(もちろん、”あなた”が企業を見定める場であるという逆の意味あります。)

主に企業から見られているのは以下です。
・人材要件を満たしているかどうか
・コンピテンシーを発揮しているかどうか
・知的能力(言語・計数・英語等)が最低限以上か

そして、
・再現性
・難易度&実績
です。

人材要件とは

端的に言うと、企業が求める人材象を明確化したものになります。企業が企業ごとに独自に設定しているものとなります。「企業が求める人材像」というとわかりやすいかもしれません。平たく言うと

・主体性
・外向性
・柔軟性
・協調性

等々になるわけですが、これを企業がそれぞれ企業ごとに定義し、明文化しているものが、人材要件です。外部に向けて表現されている形としては「求める人材像」がこれにあたります。

コンピテンシーとは

コンピテンシーとは行動特性のことをさします。優秀者に共通して見られる行動の特性で、自社で活躍している社員や企業の期待することなどから、その企業のコンピテンシーが定められます。

コンピテンシー例:

・知識のインプットだけでなく、アウトプットする機会を意識的にもうけている。
・他者の意見を引き出し、共感を見せた上で、自身の意見を述べ相手を説得している。
・目標を定めてその目標達成のための的確なマイルストーンを置いて実行にうつしている。

等々です。

再現性・難易度&実績とは

新卒採用は、皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、”ポテンシャル採用”とも言われます。これは直接の業務経験がない人材を”ポテンシャル”≒”潜在能力””可能性”で採否を判断するというものになります。この際、企業が参考にするのは、お察しの通り、この「ガクチカ」「自己PR」等のES、そして面接での受け答えの内容となります。

再現性

その中で、前述の人材要件・コンピテンシー発揮についても判断しますが、その”再現性”、つまり企業に入ってからも同様の力を発揮できそうかどうかといったこともひとつ大切なポイントとなります。例えば、しっかりと個人なりにPDCAを回していて、その学生時代の経験が会社に入ってからもいきるかどうか、というところになります。

そのため、取り組み期間が短いものはこの再現性の確度が低くなるためおすすめできません。

難易度&実績

また、実績(成果)をしっかりと出せたのかどうか、というのも評価要素としてありえます。その目標設定の難易度が高ければ高いほどものごとへの達成意欲が高いとも判断できますし、目標設定はAchievableであってもしっかりと達成していればそれも評価されうるでしょう。ただ、実績がないということは、”何か”プロセスに課題があるという捉え方もできます。そのため、出来れば実績が伴っていることが望ましいです。(失敗も成功のもとですので、必ずしもこれは全部が全部そうとは言いませんが。)

とは言っても…採用選考の合否出しの運用(ルール)は企業によって様々

前述にてつらつらと書きましたが、結局のところ合否をどのように判断するかの基準は企業によって様々です。前述では、主体性、外交性、柔軟性等々と書きましたが、もっとシンプルにしている企業もあるでしょう。

・はきはきしっかりと話すことが出来る
・相手の目を見て話すことが出来る
・ボディランゲージを織り交ぜて会話することが出来る
・物事に真面目にコツコツと取り組んだ経験がある

等々

これはその企業がどのような人材を求めているかによってその判断基準とする評価項目やその表現方法が変わってくるということに他なりません。

集団・グループ面接、全員落ちる(不合格)はありうる?

全員落ちることも当然ありうる

薄々わかってはいたかと思いますが、残念ながら、全員不合格もあり得ます。その集団・グループ面接回次における参加者が全員自社にとってアンマッチであると判断された場合は当然全員落ちることになりえます。

もし、”あなた”が参加した集団・グループ面接の中で参加者3名なり4名のうち、「自分が一番受け答えも時間・内容共に適切であったし、他者の発言中もしっかり耳を傾けることは出来ていた…メンバのうち合格になるなら自分はその一人に間違いない。」と思っていても不合格となった場合…全員が不合格になっている、ということも可能性としてあります。

集団・グループ面接、全員通過(合格)はありうる?

全員通過も当然ありうる

全員不合格があるのであれば、もちろん、全員合格もありえます。該当の集団・グループ面接回次における候補者全員が全て優秀で自社の採用基準を満たしている場合全員を合格とするでしょう。

もし、”あなた”がそのグループの中で一番”ダメだった”と感じていても合格となった場合はもしかしたら全員が合格しているのかもしれません。もちろん、”あなた”ならではの他の候補者とは違う良さが評価されたからこそ合格となった可能性もあります。

但し、”評価基準”には目を瞑り数的目安を設け運用する企業もある

企業の採用選考における目標は「その企業にとっての採用基準を満たす人材を必要人数確保する」こととなります。しかし、一方でそれは非常に難しいという実態もあります。そのため、「採用基準に足りない部分があっても、必要人数を確保する」という企業も存在します。逆もしかりで、「採用基準に達しなければ不合格、必要人数が確保出来なくともやむなし」というスタンスで選考を進める企業もあります。

さて…例えば、この前者であるような場合、つまり、「必要人数の確保」に重きを置いている場合、集団・グループ面接におけるひとつの運用ルールとして、「グループの中で最も優れていると考えられるひとりは必ず通す。」なり「半分は次の選考へ通す」という運用をおこなっているケースもあると考えられます。

また選考タイミングごとに”枠”を設けている企業もあります。不条理なことに採用基準を満たしていても、”枠”をオーバーしていれば、相対的に優先順位が低い候補者から不合格としなければならないという現実もあります。

※集団・グループ面接が選考の初期段階に取り入れられているような場合にこのような運用を取り入れている場合があります。次の個人面接のステップでしっかりとマッチング(合否)を判断すれば良いという考え方も出来ます。

ただ、残念ながらどのような運用をしているかどうかは実際のところ社外の人には知る由もありません。

集団・グループ面接、対策は就活エージェントを活用!

就職活動の様々なノウハウを持っているのが就活のエージェントとなります。就活は、集団・グループ面接、個人面接はもちろん選考にはグループディスカッション・グループワークなどのスタイルもあります。そのような様々な選考スタイルに対応した対策を支援してくれるのも就活エージェントのサポートのひとつです。ぜひ、活用も視野に入れてみてください。

Job Spring
丁寧なカウンセリングと学生のキャリアに真剣に向き合ってくれる就活支援会社です。所謂、新卒向けの就職エージェントという位置付けにはなりますが、転職エージェントとは異なり、就職活動を全般的にサポートしてもらうことが出来ます。

「相談」から始まる就活支援サービス【キャリセン就活エージェント】
企業向け採用コンサルティングも行っているため、 採用担当のホンネを熟知しており、内定イメージを持った企業紹介が可能な就活支援会社です。

集団・グループ面接、スカウト型なら一部免除もありうる!

集団・グループ面接、準備・対策をすれば比較的通過が可能な選考フェーズと考えられますが、とは言っても苦手意識が抜けきれなかったり、集団・グループ面接では自分の思うように発言(受け答え)ができないという方もいるでしょう。そんな場合は、スカウト型の就職サイトを活用して選考に進んでみるのも一つの手です。企業からのスカウトが起点となるため、一部選考免除や、個人面接からのスタートとなる可能性が高まります。

おすすめの逆求人サイト① Offer Box

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

オファーボックスは“企業が動き、会いたい学生にだけ会う”採用活動のスタイルです。実はこのオファーボックス、日本最大級の人事ポータルサイトHRproが主催するイベントにて表彰を受けており、企業の人事担当者にも名前が売れているサービスとなります。

関連記事

新卒版のダイレクトリクルーティング「Offer Box(オファーボックス)」。数年前までは就活生でも耳にしたことがある人の方が少ないサービスだったかと思いますが、今となってはむしろ耳にしたことがない人の方が少ないのではないでしょうか。私自身[…]

おすすめの逆求人サイト② キミスカ

キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

キミスカもオファーボックスと同様の逆求人型の就職活動サイトです。導入企業数は300社以上、但し、まだまだオファーボックスの方が、圧倒的に規模が大きいため、優先度はオファーボックスが上とはなりますが、オファーボックスだけでは出会えない企業に出会える可能性があります。

おすすめの逆求人サイト③ dodaキャンパス

dodaキャンパスは贔屓をするわけではありませんが、私の所属会社でも実際に活用しており、一部選考免除等のダイレクトオファーを実際に行っておりますこともあるので、オススメいたします。

新卒向けのダイレクトリクルーティングサービスとしては新しい方ですが、新しいが故に企業側への売り込みも盛んで今後伸びてくると考えております。学生の利用も就活生の5人に1人が利用していると謳っています。

関連記事

さて、こちらでは、逆求人型の就活サイトのひとつであるdodaキャンパスについてご紹介をしたいと思います。実は、筆者もいち人事担当として企業側の立場でこのdodaキャンパスを活用させて頂いています。そのため、そもそもdodaキャンパスってなに[…]

さいごに

さて、集団・グループ面接で全員不合格(落ちる)ないし、合格(受かる)ことがあるのかないのかについてでしたが如何でしたでしょうか。一般的には、まず、企業における最低限の採用基準を満たすかどうかという観点が合否の分かれ目とはなります。次に、採用数の観点で企業ごとに判断が分かれてくる…ということになると考えます。

ただ、述べた通り、集団・グループ面接は準備・対策が極めて有効と考えますのでしっかりとそれらを行った上で臨んでいただくのが良いです。

みなさんの就活の成功を祈って以上と致します。

関連記事

アンテナの高い人は感じているかもしれませんが、昨今の企業における新卒採用活動は今までの一括採用スタイル(大量に応募者を集めてふるいにかけ大量に落とし、残った人材を採用する)から、個別採用スタイル(自社に合う人材をピンポイントに狙って取ってい[…]

関連記事

就活、うまくいかないと感じる瞬間はごまんとあるのではないでしょうか。それも当然です、就活は上手くいかないのが当たり前だからです。上手く行っている友人・知人の姿を見ると尚のこと辛く感じ、落ち込むかもしれません。しかし、比べても仕方ないというの[…]

関連記事

集団・グループ面接、いざ参加して振り返ってみると個人面接とはまた異なる点で色々と気になるところが出てくるのではないでしょうか。その一つが、こちら、集団・グループ面接で面接官から投げかけられる数々の質問、”質問される順番”に何か意味はあるのだ[…]

関連記事

合格フラグ・不合格フラグ、集団・グループ面接に限らず通常の個人面接でもその”フラグ”は多くの候補者にとって重大な関心ごとと考えます。そんな合格・不合格フラグについて、こちらでは特に集団・グループ面接においてはどのようなものが”フラグ”と考え[…]