【転職】リファラル採用 内定辞退は可能か?気をつける点は?

ここ数年、社員の紹介による中途採用や新卒採用を行うリファラル採用(社員紹介制度と呼ばれる場合も)が色々な企業においてとても活発になってきています。自社のHP経由で独自に行なっている企業もあれば、リファラル採用活性化のためのRefcome、GLOVER REFER、MyReferといったSaaS型の促進ツールを活用し推進している企業もあります。そんなリファラル採用ですが、制度・仕組み等を周知されている企業内の紹介する側の人間であればいざ知らず、紹介される側(あなた)からするとイマイチよくわからない点も多いのではないでしょうか。ここでは、特に「友人から友人の会社の求人について紹介を受けて内定を得たが、内定を辞退したい。」というテーマについていち人事観点から述べていきます。

リファラル採用・制度(社員紹介制度)とは

自社のことをよく知る社員にその友人・知人を紹介してもらう採用手法のことです。
企業側のメリットとしては、
・紹介してもらった人材は自社の社員からの推薦ということにもなり、よりマッチした人材の採用・定着につながりやすこと。
・人材紹介や転職サイト、ダイレクトリクルーティング等その他の採用手法と比べ採用コストが比較的安価で済むこと。
・売り手市場の人材不足の中、転職潜在層へのアプローチも可能であること。
などがメリットとしてあげられます。

制度設計の一部として良くあるのは、制度活用の促進を目的として社員の紹介を通じて採用(入社)につながった場合は、その社員に報奨金として一定額を支給するという褒賞制度です。言い換えれば、候補者(あなた)がリファラル制度の枠組みにて求人紹介を受けその企業に入社した場合は、紹介者である友人・知人に社内で報奨金(何らかのインセンティブ)が支払われる。ということです。

その他、企業によっては以下のような細かなルールが設けられている場合もあります。
・自社のグループ会社・関連会社からの引き抜き(紹介)は禁止
・顧客先勤務の人材の紹介は禁止
・派遣・請負での受入している人材の紹介は禁止
・年間に紹介できる人数は○○人まで
等々

内定辞退は出来るのか?

さて、そんなリファラル経由で企業に応募し内定となった場合、気になるかもしれないのがこのお題です。
選考が終わり無事内定(オファー)を貰ったものの、果たしてその内定を辞退をしても良いのか?ということかと思います。

結論としては、内定辞退はもちろん「出来ます。」

しかしながら、友人・知人から求人を紹介されて受けた企業を辞退する。ということは、一般論として通常の応募時以上に踏むべき、気にすべき点はあります。

内定辞退の際に気にすべき点は?

リファラル採用の内定辞退の際に気にすべき点は以下の2点です。

友人への一報

企業への内定辞退を申し出る前に、まずは求人を紹介してくれて、会社へ自分を推薦してくれた友人へ一報しましょう。企業によりますが、候補者(あなた)が辞退を申し出た際には、紹介者(友人・知人)へコンタクトを試みて、入社を促すようにアプローチをさせたり、辞退を翻意させようとしてくる可能性もゼロではありません。そのため、まずは、紹介してくれた友人にしっかりと誠意を持って辞退の理由を説明して、わかってもらうことが大切です。

何より、案件を紹介した友人としても、あなたの選考状況・内定受諾については気にしているはずですので、”辞退した”という結果の報告ではなく、”事前”に仁義を切ることをお勧めします。

※私の会社では候補者を誰が紹介したかは社内的に入社前までは人事部門しか知り得ないようになっていますが、企業によっては候補者(あなた)は誰々さんの紹介だということが関係者周知の上で進んでいるケースもあり得ます。この場合、あなたが内定辞退をすることで、追々社内で友人の方が多少”いじられる”可能性もありますが、そこは許してもらいましょう。

企業への一報

友人へ話した後は、通常のプロセスと変わらず企業へも辞退の申し出を行いましょう。企業側としては、リファラル経由での採用確度は高いということもあり、内心驚くことと思います。

また、企業によっては、リファラル経由の応募者は社員からの紹介ということもあり、通常以上に丁寧に選考プロセスを進めていることがあります。丁寧さだけでなく、社員からの紹介だからこその書類選考免除等の他のルートとは異なる選考上の特別な措置を採っているケースもあります。そのため、辞退の際には特別丁寧に進めていくことをお勧めします。(これは紹介してくださった友人・知人のためにもそうするのが良いです。)

そうすることで企業側としても、辞退されたとしても、
「今回はご辞退ということで縁がなかったことは非常に残念ですが、また行く行く機会があった際には是非ご応募してください。」
と、お互いがキレイな形で終えられることになると考えます。

後腐れがないのはエージェント

友人・知人からの紹介で転職をする。人によっては後々面倒だなと思ったり、そもそも、友人・知人からの紹介で内定を貰ったら断りづらい、入社後辞めづらい等々感じる人もいらっしゃるかと思います。そういったことが予め想定される場合は、リファラル制度経由での転職ではなく、転職サイト・転職エージェントの活用がお勧めです。

オススメの転職サイト

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

オススメの転職エージェント

【リクルートエージェント】:業界最大級の求人案件数を誇っております。(私の会社でも活用しており、担当者・アドバイザーの方の”良さ”は十分にわかっており非常におすすめです。)

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】:謳い文句の通り、非常に親身で丁寧なサポートをしてくださるエージェントです。(こちらも私の会社でも活用しております。)

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!:20代の若手でしたらマイナビもおすすめです。私自身は中途採用では関わったことはありませんが、新卒採用でのノウハウもあり、若手向けにはおすすめ出来ると考えます。

まとめ

・リファラル採用とは自社のことをよく知る社員にその友人・知人を紹介してもらう採用手法のことです。
・リファラル採用経由の内定であったとしても、内定辞退は出来ます。
・内定辞退の際にはまずは求人を紹介、会社に推薦してくれた友人・知人への連絡を先に。
・その後、企業へ辞退の申し出をしましょう。
・後腐れなく、しがらみなく就活を進めたい場合は転職サイト・エージェントの活用がお勧めです。

さいごに

リファラル採用は、”友人・知人”からその会社の求人案件の紹介を受けて応募をするという点で人によっては抵抗感があるかもしれません。それこそ、内定辞退をしたら気まずいと感じたり、そもそも選考途中で不合格となったらそれはそれで気まずい等々、感じるかもしれません。友人・知人からの紹介でリファラル採用に乗っかって企業の選考を受ける際にはしっかりと、ビジネスライクな線を自分の中で引いていただき、必要であれば内定辞退もするし、選考途中での辞退もするという前提で友人とも予め会話ができていれば大丈夫と考えます。ただ、採用のルートが通常とは少し異なるだけで、”転職”には違いありません。転職を持って自分が達成したいことは何か、それが達成できるのかをしっかりと吟味した上で転職先は決めることをお勧めします。