【転職・就活】TOEICは何年前のまで有効か?期限はある?昔のでも履歴書に書いて良い?

転職、新卒の就職活動で記載されている資格としては、個人的には運転免許の次に多いのではないかと感じます。そんなTOEICですが、一度受けたことはあるもののそれも相当昔、何年も前のこと。TOEICスコアに有効期限はあるのだろうか?大分昔にとったスコアでも履歴書に書いても良いのだろうか?と気になるかと思います。こちらではそれら疑問について採用担当のいち企業人事として見解を述べたいと思います。

【前提知識】TOEICスコア別の定義・属性別TOEIC平均点等

スコア別定義

Aレベル 860以上:Non-nativeとして十分なコミュニケーションが出来る
Bレベル 730以上:どんな状況でも適切なコミュニケーションが出来る素地を備えている。
Cレベル 470以上:日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションが出来る。
Dレベル 220以上:通常会話で最低限のコミュニケーションが出来る。
Eレベル     :コミュニケーションが出来るまでに至っていない。
一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 PROFICIENCY SCALE
TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表より
https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/pdf/proficiency.pdf

属性別(TOEIC公開テスト平均)

社会人:約610点
学生 :約560点
全体 :約585点

TOEICに有効期限はあるのか?

Google検索「TOEIC 有効期限」で一発で公式サイトでのQ&Aが出てきますが、

TOEICスコアレポート・公式認定証に有効期限はない。

とのことです。

つまり、何年前に受けたスコアであっても、それは永久に有効であるということになります。

しかし、TOEICスコアレポートも公式認定証もそれぞれ、

スコアレポート:解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限り再発行が可能
公式認定証:試験日から2年間以内のものに限り再発行が可能

とのことです。

尚、再発行は「有料」とのことです。

何年前のスコアまでであれば履歴書に記載しても良いか?

特別な指定がない限りは、何年前のTOEICスコアであっても履歴書に記載して構いません。

しかしながら、企業によってはTOEICの点数の証明のためにスコアレポートないし公式認定証の提出を求めてくることもあります。そうなると昔のスコアレポート・公式認定証をしっかりと保管できていれば2年以上前のスコアでも良いとなりますが、もし、ない場合は再発行が可能な2年以内のスコア記載が必要ということになってきます。

また、企業によっては1年以内・2年以内に取得したTOEICスコアを求める企業もあります。この場合は、もし証明書があったとしてもそれよりも前に受けたTOEICスコアでは要件を満たさないことになります。

TOEICスコアは何点からなら書いても良いか?

何点からでも書いても良いのですが、低いスコアを書くことは自分の評価を下げることにつながりかねないため、低いスコアを書くことはおすすめしません。

もちろん、ポジションにもよりますが、書いて良いのは600以上からです。社会人のTOEICの平均スコアが概ね610であること、企業によっては新卒に求める英語力をTOEICで600以上としているところもあります。600以上であれば、一定程度は出来るのね、と思ってもらえます。ただ、グローバルに働きたい!そんな想いを持っている、そんな仕事につきたい方はスコア730以上ないと説得力に欠けます。

また、560以下は書くのを思い切ってやめてしまうというのも手です。大学生の平均スコアが約560です。これ以下のスコアを書くというのは自ら大学生以下ですと申告しているようなものです。と、言っても面接官が大学生の平均スコアを知っているかというと知らない人がほとんどかと思いますが、感覚的に、500台はやや物足りない。400台以下は物足りない~出来ない。と区分けしています。

書くことをお勧めできるのは一般的には600以上から、海外とかかわる仕事を希望している場合は、730以上からとなります!

あまりに昔のスコアだと企業としては気になる

特別指定がない場合は何年前のスコアであっても良いのですが、流石に5年、10年前のスコアとなってくるとその当時の英語力がしっかりとキープできているのかどうなのか?

というところが企業としては気になってきます。

例えば…

Aさん:5年前にとったTOEIC730、但し、英語は公私ともに使ったことはない。
Bさん:去年とったTOEC650、けれども英語は仕事でここ2、3年メールのやりとりは等しており、時々電話も頑張ってしている。

となると、Bさんの方が”英語”という面だけで見ると軍配が上がるでしょう。

定期的なTOEIC受験は大切

前述の通り、就職活動に置いて、

・最近(1、2年内)のTOEICを求められるケース
・あまりに昔のスコアは記載しても良いが結局、参考の参考レベルになってしまう懸念

もありますし、

・定期的な自身の英語力の確認、キープ

のためにも、定期的なTOEIC受験をおすすめします。

感覚としては1年に1回受けるということで良いと考えます。所属企業によっては、1年に1回従業員向けに社内TOEICの機会を用意しているところもあると考えます。それを利用するのも良いと考えます。ただし、企業内で開催されるTOEIC IPではスコアレポートは発行されるものの、公式認定証は発行されないので要注意です。

更に大切なのはTOEICスコア+実用経験

TOEICのスコアはあくまでいち目安です。企業としてはTOEICももちろん目安として大事です、当然スコアが高いことに越したことはありませんが、それ以上に実は、実際の業務・日常での英語の使用経験の方を重要視しています。

以下も合わせてしっかりとアピールすることが必要です。

その① 業務経験での英語使用経験をアピール

業務で英語を使用している経験があればその経験をしっかりと具体的に伝えることも大切です。

まず、極端にわかりやすい例として述べますが、

・海外駐在(出向)経験がある
・英語が共通言語として使われている外資系企業での経験

こうなると、TOEICのスコアははっきり言って、かなり価値は薄れます。
TOEIC800よりも価値があるといち人事としては感じます。ただ、流石にこれらは誰でももっている訳ではないため少し程度をトーンダウンすると、「日頃業務で海外の販社やグループ会社と英語でメール・電話等やりとりをしている、必要に応じオンラインミーティングなどもしている。」となるとビジネスに必要な英語力は最低限あるであろう、と思ってもらえます。

※嘘や話を盛ることはおすすめしません。何より、英語力を買われて入るということは英語を使う必要のある業務アサインがされることにほかなりません。そうなると、ご自身が苦労することになります。

その② プライベートでの英語使用経験をアピール

業務経験以上にアピールの仕方は難しいかもしれませんが、プライベートでの英語使用経験をアピールするのも方法のひとつです。

アピール例

①学生時代3ヶ月間語学留学で海外にホームステイしていました。ホストファミリーの方には良くしてもらい今でもやりとりは続いています。またホームステ期間中は現地の大学の授業にも参加していました。
②大学時代からの外国人の友人がおり今でも英語で定期的にコミュニケーションをとっています。
③一人でも行くくらい海外旅行が好きでこれまで何ヵ国も旅行してきました。英語は一人旅でこまらない程度に使用出来ます。
④幼少期に家族の海外赴任に帯同され、海外での生活経験があり英語は問題ありません。 等々

あくまで一例ですが、このように”英語”は心配ないなと思ってもらえる、プライベートでの経験があればそれもアピールしましょう。

いち面接官として、③であれば、全て旅程・手配を自分でアレンジしていればなかなかと感じますが、日本からの全部プランニングされたツアー等だと期待薄と感じます。①は結局日本人同士でまとまっていたりしなかったかが心配になります。②であれば心許ないかなと感じます。④のような方にも稀に遭遇しますが、このような場合は英語についてはそれ以上聞きません…。ビジネス英語という点で懸念はなくもないですが、すぐにキャッチアップ出来るでしょう。

TOEICの勉強はスキマ時間の活用と過去問学習がおすすめ

日々皆さん忙しく過ごしていることと思います。そんな中でもTOEICスコアを向上させるためには、スキマ時間の活用が必要です。電車に乗って移動している時間、仕事の合間のちょっとした休憩時間、人との待ち合わせの待ち時間、家でのちょっとした瞬間等々にスマホを使って学習することがおすすめです。

最近では、英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

がおすすめです。

また、実力を本番さながらではかる、そして自分の弱みを把握するという意味で公式問題集を何度も繰り返すこともおすすめです。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編 音声CD2枚付き [ Educational Testing ]

価格:3,080円
(2021/11/13 15:14時点)
感想(60件)

練習テストが2回分ついています。

TOEICは不足しているけど転職を成功させたい場合はエージェントがおすすめ

大企業の求人や、大企業でなくとも魅力的なポジションには応募者(ライバル)が多く存在しています。1名しか採用しないポジションに多くの応募があれば、企業側としては全員に会うことはせずにある程度は書類選考で不合格とします。極端なケースでは、”必須要件”に達しているかどうかだけで落とされる可能性もあります。この場合、有効なのはエージェントに”あなた”をしっかりと評価してもらい、エージェントから推薦をしてもらうことです。

エージェント・企業のやりとりイメージ

エージェント
○○さんを推薦致します。英語力は御社の求めるTOEIC700には達していませんが、過去業務の中で一時期海外とのやりとりにも携わっていて2年程度の英語を使った業務経験もあります。メールでのやりとりは問題ないですし、会話もコミュニケーションは一定取れます。是非検討してください。
いち人事
わかりました。内容確認して書類の合否についてご連絡致します。

とこんな感じです。こうエージェントから直接言われると、いち人事としてしっかりと履歴書・職務経歴書に目を通した上で判断するか、という気持ちにもなります。
いち人事担当者として、この後合否に関わらずエージェントからはその合否理由の詳細をヒアリングされますので、答えられるだけの精査をしなければ、という思いもあります。

こうなると、転職サイト経由であればTOEICスコア不足でドライに不合格にされていたかもしれない候補者が、エージェントのフォローアップでまずは一旦会ってみるかという結論になる可能性もあり得ます。

おすすめの転職エージェント

【リクルートエージェント】:業界最大級の求人案件数を誇っております。転職活動の際にエージェントを複数活用するのであればその1社は間違いなくリクルートエージェントにするべきです。(私の会社でも活用しており、担当者・アドバイザーの方の”良さ”は十分にわかっており非常におすすめです。)

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】:謳い文句の通り、非常に親身で丁寧なサポートをしてくださるエージェントです。(こちらも私の会社でも活用しております。企業担当の方も非常に丁寧です。)

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!:20代の若手でしたらマイナビもおすすめです。私自身は中途採用では関わったことはありませんが、新卒採用でのノウハウもあり、若手向けにはおすすめ出来ると考えます。

さいごに

TOEICに有効期限はあるのか?昔のスコアでも書いても良いのか?その他関連事項についてご紹介いたしました。TOEICは企業で一番多くの人が目にしているわかりやすい英語力を数値化した指標の一つとなりますので、是非、転職や就活の前に1度受けて最新状態にするのが良いです。自分の現在のレベルを把握する事で今後の改善にも繋げられますし、転職活動・就活事態にも活用できます。

関連記事

転職活動をしていると良く目にする、求人票上の「応募要件(経験)、必須要件」「歓迎要件(経験)」などの文言。この必須要件に、「ビジネスレベル」「日常会話レベル」と書いてある程度であれば、まだ自己判断でとりあえず応募してみるか、と思えるかもしれ[…]

関連記事

TOEICは日本国内では英語力をはかる物差しの一つとして多くの企業で使われています。そのため、転職活動や新卒での就職活動においても要件・資格のひとつとしてTOEICのスコア(点数)が求められていることも多いです。特に転職であれば明確にTOE[…]