新卒|最終面接=ほぼ合格?いち人事が見極め方と合格フラグを解説

こちらを読んでいただいているということは、最終面接に進んでいる方、もしくは最終面接がもう視野に入っている人がほとんどなのではないでしょうか?「最終面接はあくまで問題ないかのどうかの確認だけでほぼ通る」なんて意見もあったり、「いやいや、最終面接でも普通に落ちるよ!」なんて意見があったり、最終面接まで進むと色々気になってしまうのではないでしょうか。実際のところどちらなのでしょうか?ザ・大手企業の採用担当と、中規模企業の採用担当の経験を踏まえていち観点をご紹介します。

最終面接の場とは何か

最終面接は採用の要否の決定に権限(責任)を持つ人が出てくるケースが大体です。

企業によってはそれが役員クラスだったり、大企業なんかだと流石に役員クラスはでて来ずに、最終面接者も部長クラスだったり、なんてことはあります。いずれにしても、ポイントは採用の決定において一定の権限を有している人が出てくる。ということを覚えておいて頂ければと思います。

ご理解の通り、最終面接の面接官(採用権限を持つ人)が全候補者を見ることができるわけではないので、1次面接や2次面接は、比較的若い社員や中堅どころの職位の人が最終面接の前にある程度人数を絞っていく、前段はそのような形になっています。

最終面接の合格率って?

様々な記事でも紹介がされていますが、その合格率は大体40%〜60%と言われています。しかし、それはあくまで、”平均”的な話で、数多にある企業の最終面接の合格率を総じて述べた場合の数値となります。当然、個々の企業において最終面接の合格率はことなります。低ければ30%程度の企業もあるでしょうし、高ければ90%程度の企業もあるでしょう。

そのため、”あなた”が気になる最終面接の合格率、さらに言うなれば”あなた”が気にしている企業の最終面接の合格率を本当の意味で述べることは非常に難しいこととなります。

そのため、後述する、「最終面接の位置付け(ほぼ合格か否か)を見極める方法」がヒントとなります。

最終面接の位置付け(ほぼ合格か否か)を見極める方法

この位置付けを見極めることで、冒頭で述べた
・最終面接はよほどのことがない限り落とされることがない、ほぼ通る
・最終面接でも普通に落とされることがある
のどちらかを予測して頂けると考えます。あくまで”予測”ですが・・・。

最終面接で高い確度で合格が見込めるケース

選考プロセス例
①書類選考(エントリーシート&適性検査)
②グループディスカッション
③グループ面接
④個人面接
⑤個人面接(最終選考)

 

例えば上記の様に選考段階が多い場合です。
選考段階が多いということは、その分、その段階段階で多くの人が落とされているであろうと判断されます。
その上で、最終的に役員クラスが出てくる、といったケースですとかなり合格の確度は高い
でしょう。

理由としては…
・前段の選考プロセスで既に多くをふるいにかけており、個人面接の段階ではある程度優秀と判断されている候補者しか残されていない。
・ここまでの選考プロセスを経た上で、面接官として役員に推薦ができない候補者を最終面接に進ませる訳にはいかない。

等々から、このようなケースですと、最終面接における合格の確度は高く、役員面接はあくまで候補者の人となりの確認・役員との顔合わせで、むしろ会社としては役員との面接を通して、候補者への惹きつけに主眼をおいている可能性も高いです。

最終面接でも容赦なく落ちる可能性が高いケース

選考プロセス例

①書類選考(エントリーシート)
②適性検査
③個人面接
④個人面接(最終選考)

 

上記などのケースで選考段階が少なく、最終面接で役員クラスではなく、本部長・部長クラスの部署のトップが出てくる場合。この場合は、各段階でも一定数の応募者が残っており、最終面接でも多くの候補者がまだ参加しており、普通に合格・不合格の判定が行われると考えます。

選考過程の一つの考え方として、1次面接の通過は半分(50%)を目安(迷ったら通す)、2次面接(最終面接)の通過は半分弱(40%)を目安(迷ったら落とす)なんて指標を設けて進めている企業もあります。

選考段階が少ないと、その分最終面接も受ける人が多い。つまり、容赦なく他の候補者とも比較され、最終面接でも落とされる、ということですね。

最終面接をパス(合格)するには

しっかりと油断せず全力で挑む

ほぼ合格となりうる最終面接と、容赦無く落ちる最終面接。どことなくその違いはわかって頂けたかと思います。ただ、100%は無い限りは全力で挑む必要があります。

前述の通り、最終面接は採用の決定権を持った(ないし委譲された)人が面接官として出てきます。
・入社意思の高さをしっかりと伝える。
・自分の強みが活かせることをしっかり伝える。
・自信を持ってコミュニケーションをとる。
等々です。

また、逆質問の際には
・調べれればわかる質問はしない。
・及び腰な質問はしない。(仕事を教えてもらう様な姿勢ではなく、自ら学んでいく姿勢が大事)
等々を気をつけましょう。

最終面接官が役員の場合、役員に気持ちよく話してもらう

最終面接官が”役員級”の場合、えてして質問以上に、”面接官”が話したがっていたり、”面接官”の方の話が長いケースもあります。そんなときは、”傾聴”し、時には質問を投げかけて相手の話をより引き出す等の「聞き役」を意識すると、面接官、つまり”役員”からの心象が非常によくなり、合格が磐石となり得ます。”傾聴”もコミュニケーション能力のひとつです。

さて、「選考段階が多く、最終面接が役員級の場合は合格確度が高いであろう」

と、ご紹介した矢先に手のひらを返すようですが、逆を言うと相手が”役員”あればこそ、”役員”であるが故に一気にこれまでの判断を覆すだけの権限を有しているとも言えます。そもため、前述の通り、油断せずに全力で臨む必要があります。

出来れば面接後にお礼メールを送る

また、念には念をで面接後のお礼メールも送りましょう。人事を尽くして天命を待つです。

関連記事

就職(新卒)・転職活動をしていて気になる一つがこの、面接後のお礼メールは送るべきかどうか?についてではないでしょうか。そして更に気になるのは、お礼メールを送ったこと送らなかったことが面接の合否に影響を与えるかどうか?といったところではないで[…]

最終面接で就職活動の状況や志望度合い、勤務地希望を聞かれたら

最終面接では、就職活動の状況(他社の選考の進み具合や自社を第一に志望しているのか等々)の確認が行われることも多いです。この就職活動の状況や志望度合いは、どんなタイミングで会社から候補者に合格を出すかといった際の有用な情報の一つとしても確認をしています。他候補者との兼ね合いも鑑み、場合によってはこのポイントで最終的判断で不合格とする可能性もあります。言い換えると、”覚悟”が問われているとも言えます。

就職活動の状況はある程度正直に答えていただいて問題ないと思いますが、志望度合いについては、第一志望群などと中途半端なことは言わずに、第一志望です!勤務地もどこでも頑張ります!と言い切れるのであれば言い切ってまうのが、吉です。

関連記事

就活の面接では様々なことを面接官から聞かれます。志望動機や、学生時代に頑張って力を入れて取り組んだこと(ガクチカ)や、理系だったら研究テーマについての質問なんかもあるかもしれません。いずれにしても、それらの大部分は候補者のポテンシャル(入社[…]

最終面接での合格フラグは!?

さて、そんな最終面接ですが不確かながら合格フラグとも言えるものが存在もしています。以下にいち人事としても合格間違いなしというわけではないが、合格フラグと言ってもいいのではなかろうか、というフラグをご紹介します。

1:”入社後””入社したら”の話に多く触れられる

典型的な合格フラグのひとつとしてこちらがあげられます。最終面接において既に合格が決まっている場合、面接の場で、”入社後””入社したら”の話に多く触れられることがあります。「入社したら、~~なスキルや知識も必要になってくる。是非、在学中にも事前に学んで欲しい」等が典型的な発言です。

2:入社することのメリット・企業PRをされる

入社のすることのメリットを不合格とする人に対して話す必要はないと考えます。つまり、合格とする相手だからこそ、入社することのメリットを語り、企業についてPRをして志望度をより高めたいという企業側の意図が隠されています。「入社の意思を高める」というところに主眼がおかれており、この様なシーンがあった場合は、合格フラグと言えます。

3:他社の選考状況を聞かれる

事務的な流れの確認事項のひとつとして確認されている可能性ももちろん否定は出来ませんが、他社の選考状況を聞かれるのも合格フラグのひとつと言えます。なぜなら、やはり、これも最終面接のこのタイミングで不合格とする人に聞く必要がない項目であるためです。その様な観点から言うと、少なくともボーダー以上のラインにいるのではなかろうかということで、こちらも合格フラグのひとつと言えるでしょう。

4:「もし内定(合格)を出したらうちに来るか?」と聞かれる

こちらも、企業側として不合格とする人を相手にわざわざ聞く必要がない問いです。合格を出すかどうかの判断をする一つの材料として候補者(”あなた”)の回答が欲しいために聞かれています。この回答次第で合否が決まる可能性もあるといって過言ではありませんが、この問いを投げかけられるということは少なくともボーダー以上のラインにいることを示唆しています。

最終面接(選考)がもし不合格でもただでは転ばない

さて、最近はお祈りメールを次の就活に繋げられる素敵なサービスが出てきました。それは、株式会社ABABAが提供するサービスです。最終面接まで進んで、その結果その企業に縁がなかった人だけが登録できるサービスです。

最終面接まで進んだということは”あなた”はそれなりに評価をされた、とも言えます。

前向きに捉えるのであれば、
・最終面接まで進んだことは誇っても良いこと。難関企業や選考段階の多い企業の最終面接であれば尚更。
・最終面接まで進んだということは、何かしら評価出来る点を持っているということ。最終面接で不合格になったのだとするとその企業とマッチしなかっただけ。”あなた”の人となりに問題があるわけではない。
等々言えます。

さて、株式会社ABABAが提供するサービスですが、その会社での最終面接まで進んだという実績を他社へのPRに使えるという画期的なものです。最終選考まで進んだその頑張りを次に活かせる、とても素敵なサービスですので、もし興味がある人は是非登録してみてください。

就活を頑張るには伴走者がいても良い(就活エージェントという選択肢)

多くの方が就活は悩むことと思います。何度も何度も落とされれば自分に価値がないと思ってしまったりもするかもしれません。ただ、そんなことはないんです。就活エージェントは”あなた”の良さをより引き出してくれる存在ともなります。第三者として、”あなた”のこれまでの経歴や活動、そしてこれからについて相談にのってくれる有用な存在です。一生に一度しかない新卒採用、得られる助力は徹底的に得てすすめていくのが良いと考えます。

Job Spring:丁寧なカウンセリングと学生のキャリアに真剣に向き合ってくれる就活支援会社です。

「相談」から始まる就活支援サービス【キャリセン就活エージェント】:企業向け採用コンサルティングも行っているため、 採用担当のホンネを熟知しており、内定イメージを持った企業紹介が可能な就活支援会社です。

※エージェントを使ったからといって必ずエージェントの紹介経由で就職をしなければならないというわけではありませんのでその点はご安心ください。ただ、変にエージェントに流されないようにすることは必要です。

就活には色々な手法を活用しよう(スカウト型サービスの活用)

リクナビ・マイナビ・直接応募等で”あなた”側からばかり企業にアプローチする必要もない時代になってきました。”あなた”の紹介を掲載して、”あなた”に受けに来てもらいたい、という企業側からのアプローチから選考にのぞむスタイルでの就活が、スカウト型のサービスです。しっかりと情報を記載すれば”あなた”を求める企業からのスカウトが届きますので、就活を進めるにあたって非常に心強いサービスと考えます。是非、以下のうちひとつ、OfferBoxは必須として登録してみてはいかがでしょうか。大きな助けになると考えます。

おすすめの逆求人サイト①

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

オファーボックスは“企業が動き、会いたい学生にだけ会う”採用活動のスタイルです。実はこのオファーボックス、日本最大級の人事ポータルサイトHRproが主催するイベントにて表彰を受けており、企業の人事担当者にも名前が売れているサービスとなります。

関連記事

新卒版のダイレクトリクルーティング「Offer Box(オファーボックス)」。数年前までは就活生でも耳にしたことがある人の方が少ないサービスだったかと思いますが、今となってはむしろ耳にしたことがない人の方が少ないのではないでしょうか。私自身[…]

おすすめの逆求人サイト②

キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

キミスカもオファーボックスと同様の逆求人型の就職活動サイトです。導入企業数は300社以上、但し、まだまだオファーボックスの方が、圧倒的に規模が大きいため、優先度はオファーボックスが上とはなりますが、オファーボックスだけでは出会えない企業に出会える可能性があります。

おすすめの逆求人サイト③

dodaキャンパスは贔屓をするわけではありませんが、私の所属会社でも実際に活用しており、一部選考免除等のダイレクトオファーを実際に行っておりますこともあるので、オススメいたします。

新卒向けのダイレクトリクルーティングサービスとしては新しい方ですが、新しいが故に企業側への売り込みも盛んで今後伸びてくると考えております。学生の利用も就活生の5人に1人が利用していると謳っています。

関連記事

さて、こちらでは、逆求人型の就活サイトのひとつであるdodaキャンパスについてご紹介をしたいと思います。実は、筆者もいち人事担当として企業側の立場でこのdodaキャンパスを活用させて頂いています。そのため、そもそもdodaキャンパスってなに[…]

さいごに

最終面接も企業によって様々な観点がありその位置付けも様々です、本解説はあくまである側面から見たら…ということにはなりますが、最終面接は、会社としても将来長きに渡って活躍をしてくれる優秀な人財をしっかりと確保するための重要な場ですので、お飾りで行なっているわけではありません。

最終面接で落ちる可能性が高いのか低いのか、大いに気になるポイントとは思いますが、唯一確実に、間違いなく言えることは、どちらであっても、

最後まで気を抜かずに本気で望んでいただくことが大切です。

関連記事

アンテナの高い人は感じているかもしれませんが、昨今の企業における新卒採用活動は今までの一括採用スタイル(大量に応募者を集めてふるいにかけ大量に落とし、残った人材を採用する)から、個別採用スタイル(自社に合う人材をピンポイントに狙って取ってい[…]

関連記事

就活、うまくいかないと感じる瞬間はごまんとあるのではないでしょうか。それも当然です、就活は上手くいかないのが当たり前だからです。上手く行っている友人・知人の姿を見ると尚のこと辛く感じ、落ち込むかもしれません。しかし、比べても仕方ないというの[…]

関連記事

あれ…30分の面接時間のはずだったのに、15分で終わった…。40分って言われていたのに…20分ちょっとで終わった…半分も時間たってないじゃん!?完全不合格フラグ。これって絶対落ちたでしょ…。と不安に感じていらっしゃる方、多いのではないでしょ[…]