【就活】卒業出来ない、単位が足りない…内定取り消し?どうしたらいい?

毎年、数百人の新卒を採用しておりますが、毎年数名程度、年末12月頃から2月頃にかけて、「卒業出来なさそうです…どうしたらよいでしょう…。」「単位を落として留年してしまいそうです…。」という電話を受けます。これは採用担当者としても非常に恐れいていることで、あって欲しくないことのNo.1に入ってくる事象となります。そんな場合、どの様にしたらよいか、後述していきます。(もちろん企業によって対応は異なります。あくまで一例となります。)

そもそも、内定取り消しの根拠は?

そもそもなぜ、学校が卒業出来なかったら内定取り消しなのかというところについての企業側としての根拠を示しておきたいと思います。それは、大学・大学院を修了(学士・修士号を取得)した上で、企業に入社するという約束ごとが存在しているからです。そんな約束した覚えはない、という方もいるかもしれませんが、企業としては幾つかの場面、場面でしっかり確認をしています。

募集要項での確認

“〇〇年〇〇月卒業予定なり修了予定“と記載されており、その前提で選考が進んでいるからです。そこに応募している以上はその募集要項に当てはまっており、ESなり履歴書にも学歴をその通りに書いているはずです。

面接を通しての確認

確認を取っておいるケースでは、最終面接等の終盤のタイミングで、「〇〇年〇月に卒業予定で間違いありませんか?」等の確認があります。

内定承諾書での確認

内定承諾書を書いていたとしたら、そこには、ほぼ間違いなく内定取り消しに該当するケースが記載されています。具体的には、

”〇〇年〇〇月に卒業、△△月に入社出来なかったとき“
“履歴書等採用に当たって提出した書類に虚偽があったとき”
内定取り消しとなっても異議を唱えません。

等が文言として存在していると思います。“卒業出来ない”というのは、ひとつめの文言にもあたりますし、虚偽とまでは言いませんが、履歴書で“〇〇年〇月卒業予定(見込み)”と書いていたものと齟齬も出てきます。

まずは、速やかに企業に相談

ある程度の規模の企業においては毎年のように学生から「卒業出来ないかもしれません」という連絡を受けているはずです。そのため、企業側として、回答はある程度決まったものがありますし、ある程度決まったことを聞かれる、確認されることと考えます。例えば、以下のようなことです。

・なぜ卒業出来ないのか?
・本当に卒業出来ないのか?いつ、正式に卒業出来ないと決まるのか?
・就職課、キャリアセンターに相談したのか?教授に相談したのか?
・本当にどうにもならないのか?

これらを繰り返し確認されることと思います。そのため後述の通り並行して大学への相談、確認も必要不可欠です。また、入社して働きたい、という“思い”もあわせて伝えておいて損はありません

並行して大学(就職課・キャリアセンター・教授等)に相談

前述の想定される会社からの質問に対してある程度答えられるようにしっかりと準備をしておくことが必要です。また、最後まで卒業をあきらめずに、「既に就職も決まっており、何としても卒業したい、そのために何が出来るか」ということを真摯に相談する。それしか道は残されていません。例えば、出席が足りずに単位を落としそうなのであれば、何らかのレポートを追加で書くことで何とか認めてもらえないか等です。

内定取り消しとなるケース

本当に卒業出来ない、これが決まった時、内定取り消しとなるかどうかで大きい要素をしめるのは、会社から確認される、“なぜ卒業出来ないのか”この理由が非常に大きくかかわってきます。

・自分の認識が間違っていて必要な授業をとれていなかったことが発覚。
・出席日数が足りずに単位を落とした。
・論文が通らず、卒業が出来なくなった。
・研究に時間が足りず、論文を書き終えることが出来ない。

等々“自身”に原因があるケースだと認められない可能性が高いと考えます。

もちろん何事にも例外はあります。3月卒業4月入社ではなく、9月卒業10月入社を認めてくれる会社もあるでしょうし。大学院でしたら院卒ではなくて学卒として採用をしてくれる会社等もありえます。

内定取り消しを免れることがありうるケース

やむにやまれぬ事情で当初の卒業予定時期に卒業が出来ず入社が出来ない。例えば、

・もらい事故での怪我による入院により、単位を落としてしまった
・一定期間の治療を要する病にかかり、卒業が出来なくなってしまった

等、やむを得ないケース、会社として勘案する余地のある事情があれば、入社時期の変更を認めるケースがあります。実際、人事として内定後に病気にかかり卒業出来なくなってしまった学生の入社時期を変更したことはあります。(但し、これらの例にあげたケースは、健康状態が会社に勤務し、業務に従事するにあたって重大な支障がないと判断されることが前提となりますし、すべての会社が勘案し、入社時期を調整してくれるとは限りません。)

さいごに

さんざん長々と書きましたが、最終結論はその企業次第となります。大学院が卒業出来ずとも学卒で入社を許してくれたり、大学が卒業出来ずとも卒業まで時期をずらしてくれたり等相談によっては融通を利かせてくれるケースはあります。一方で、企業によっては一律不可としている企業もあります。こればかりは企業によるところですので、「卒業出来なさそう…」となった時には、企業に相談、大学(院)に相談を速やかに行うことが大切です。