【新入社員】入社1年目 夏のボーナス(寸志)は出る?出ない?平均は?

新入社員、4月に入社したばかりで迎える、夏のボーナス時期。果たして自分もボーナスはもらえるのか?もらえないのか?とソワソワ気になったりするのではないでしょうか。もちろん支給の要件は企業によって異なりますので、ココでその疑問に対しての直接的な回答ができるわけではありませんが、一般的には”こう”であろう。といった観点でお伝えしたいと思います。

ボーナスはいつ頃支給されるのか?

大体感覚として皆さんも持っているのではないかと思いますが、ボーナスは一般的に、年に2回、夏・冬で支給される企業が多いです。

そしてその支給時期は夏は6・7月、冬は12月あたりで支給がされます。

ボーナスの支給対象者は?

これも一般的には企業としては基本、正社員を対象にしており、契約社員やパート・アルバイトなどの方には支給がされません。その他にも企業によって、期間中の休職者には支給しない等支給要件を細かく定めています。

夏のボーナスは新入社員も支給されるのか?

基本的には「支給されません」

というのが回答になります。そのため、期待をしないのが良いでしょう。
新入社員がしっかりとボーナスを受け取れるのは、冬のボーナス(上期:4月~9月に対するもの)からとなります。

何故支給されないのか?

なぜ支給されないのかについては、そのボーナスが一体何に対して支払われているか、というところを理解する必要があります。

多くの企業は会計年度を4月~3月として事業を運営しています。そして、この4月~3月のうち、4月~9月を上期、10月~3月を下期と呼んでいます。(国や地方公共団体も4月~3月を会計年度としています。)
※ただ、国際化に伴い、諸外国では1月~12月を会計年度としている国もあり、12月期決算を取り入れている会社も増えてきています。

さて、少々前段が長くなりましたが、

この夏のボーナスは、10月~3月の下期の会社業績並びに従業員個人の査定結果を踏まえて支給されるものとなります。そのため、考え方として、下期に在籍していなかった新入社員は支給の対象外となる。というのが支給されない理由となります。

「寸志」が支給される会社も多い

もちろん、企業によっては新入社員にもボーナス満額を支給するところはあるかもしれませんが、それはまれと考えます。「支給されるって聞いたけど?」という際は、大体のケースで「寸志」という位置付けで幾分かの支給があるものと思います。

新入社員に対してこの「寸志」を夏のボーナスタイミングで支給する企業は多くあります。「寸志」という言葉もなかなか馴染みがない言葉かと思いますが、「少しばかりの心遣い」を意味する言葉となります。

一般的なボーナスの支給額は、ニュース等でも目にすることはあるかもしれませんが、給与の○ヶ月分と表現されることも多く、そのイメージ感は大体2ヶ月前後となります。しかしながら、

「寸志」は大体5万円程度~10数万円程度と言ったイメージになります。

新入社員の夏のボーナス額を調査したものもあり、
産労総合研究所「2020年度 決定初任給調査」によると、
大卒:9万6735円
高卒:7万4307円
となります。

新入社員は寸志がもらえるだけでありがたい

と、これまで書いてきました通り、そもそも新入社員は夏のボーナスは支給の対象外であるのが前提となります。その上で、企業によっては「とは言っても・・・」という心付けで「寸志」を支給している企業が多く存在しています。そもそも払う必要がない、そもそも寸志も支給のない会社もある等々考えると、僅か10万円前後と言えど、寸志がもらえるだけありがたいと考えます。